ヴィエルホワイトをドラッグストアで見かけたと思ったが

ヴィエルホワイトの購入ルートを確認するにあたり、まず、ドラッグストアに足を運びました。ドラッグストアで購入できると確証を持って足を運んだのですが、勘違いをしていたがために、無駄足に終わってしまいました。

どんな勘違いをしていたのかというと、まったく違うメーカーのまったく違う商品をヴィエルホワイトだと思い込んでいたのです。同じ失敗を繰り返す人が出ないように詳細を説明しますので参考にしてください。

ご存じのように、ヴィエルホワイトのパッケージにはヴィエルホワイトの略称である「VL」というアルファベットが記載されています。このアルファベッドに見覚えがあるように思い、近所のドラッグストアで見かけたはずだと該当のドラッグストアまで行きました。

ところが、「VL」というアルファベットが記載されている商品はあったものの、それはヴィエルホワイトではなくヴィーナスラボというメーカーのロゴだったのです。ちなみに、デリケートゾーン用の石鹸でした。

ヴィエルホワイトを購入したいと考える人はデリケートゾーンに使用したいとも考えているわけで、同じデリケートゾーン専用品であるならばドラッグストアで購入できるデリケートゾーン用の石鹸を使うという選択肢もあります。とはいえ、ヴィエルホワイトの購入の可不可を調べるべくドラッグストアにおもむいたのですから、「ヴィエルホワイトはありませんでしたがデリケートゾーン用の石鹸はありました」ではお話になりません。

ヴィエルホワイトはデリケートゾーン用美白アイテム

ヴィエルホワイトはデリケートゾーンの黒ずみを改善するアイテムです。
厳密には、乳首にも使え、乳首ないしデリケートゾーンの黒ずみあるいは両方の黒ずみケアアイテムとして使用するユーザーが増えています。だからこそ、デリケートゾーンの黒ずみケアを目的とするヴィエルホワイトの購入ルートを確認するべく、既述の通りドラッグストアに足を運んだのです。

足を運んだ先のドラッグストアにヴィエルホワイトはなく、デリケートゾーン用の石鹸はあったわけですが、デリケートゾーン用の石鹸よりもヴィエルホワイトを優先するのには理由があります。デリケートゾーン用の石鹸をすでに試して効果がなかった人にこそヴィエルホワイトを使ってみてほしいと考えているからです。

デリケートゾーン用石鹸はデリケートゾーン専用品の中ではダントツと言っていいほど安価で、ゆえに、デリケートゾーンの黒ずみケアのファーストステップによく選ばれます。が、ファーストステップで効果が得られなかったならセカンドステップの進まないことには黒ずみは改善できません。

デリケートゾーンに個人差があるようにデリケートゾーンの黒ずみにも個人差があるはずですからデリケートゾーン用石鹸が効果を発揮する人もいるのでしょうが、そうでないならば、石鹸のような洗い流すタイプではなくヴィエルホワイトのようなデリケートゾーンに塗布するタイプへとステップを進めましょう。

もちろん、ファーストステップにヴィエルホワイトを選んでも良いでしょう。

ヴィエルホワイトのデリケートゾーン黒ずみ改善効果とは

デリケートゾーンの黒ずみにはパターンがあります。

パターン1 汚れ
パターン2 古くなった皮膚細胞(角質)
パターン3 日焼けと同じメラニン色素

パターン1の汚れやパターン2の角質が黒ずみの原因であれば、デリケートゾーン用の石鹸で改善できることもあるのですが、問題はメラニン色素が原因になっているパターン3です。

日に焼けて黒くなった肌を洗っても白くなりません。とはいえ、日焼けはいつのまにかもとの肌色に戻っています。これは、肌細胞の中のメラニン色素が排出されるからです。

では、デリケートゾーンの黒ずみもいつかはもとの色に戻るのかというと答えは無情にも×!なぜなら、メラニン色素が排出されずに生産され続けた結果が黒ずみだからです。

したがって、デリケートゾーンの黒ずみを改善したいなら、

  1. メラニン色素の排出をうながす
  2. メラニン色素を薄くする
  3. メラニン色素の生産を抑える

という対策を講じなければなりません。そして、これらの対策が可能な成分がいわゆる美白成分です。

ヴィエルホワイトホワイトにはその美白成分が配合されている上に洗い流す石鹸と違ってジェル状の美容液なので、塗るだけでデリケートゾーンの黒ずみ改善効果が見込めます。

ヴィエルホワイトの販売店はどこにあるのか?

さて、ヴィエルホワイトが近所のドラッグストアでは入手できなかったとなると、ヴィエルホワイトの販売店を探さなければなりません。ヴィエルホワイトの販売店はどこにあるのでしょうか。

販売店として可能性があるのは、

  • ドラッグストア
  • 薬局
  • 化粧品専門店
  • バラエティショップ
  • ディスカウントストア

などです。

ロフトや百貨店の化粧品コーナーにあるという可能性もなくはないです。

小さなドラッグストアではなく大きなドラッグストアであれば取り扱いがあるかもしれませんし、プラザのようなバラエティショップは女性向け商品を置いているのでチェックしてみる価値はありますし、ディスカウントストアの代表格であるドンキにはデリケートゾーン用の石鹸が置いてありますからヴィエルホワイトも置いているかもしれません。

しかしながら、上記のいずれにもヴィエルホワイトの取り扱いはありませんでした。

ヴィエルホワイトの公式に店舗一覧という項目は存在しない

そもそも、ヴィエルホワイトには販売店が存在しないということが判明しました。ヴィエルホワイトの公式サイトを見れば一目瞭然です。

何かしらの商品を購入したい場合、公式サイトであれば、その商品の取り扱い店舗を記載しているのが普通です。店舗一覧や販売店やSHOPなど使われる言葉はさまざまでもようするに「店」に関連した項目をチェックすれば一覧が出てくるものです。

ところが、ヴィエルホワイトの公式サイトには店舗一覧やそれに準ずる項目は存在していません。つまり、販売店が存在していないから店舗一覧等の項目も存在していないということです。

ヴィエルホワイトに限らず、店舗を構えて商品を販売するとなると人件費や家賃などが発生します。

その点、ネット販売は家賃がかからず、人件費も必要最低限に抑えられるという利点があります。それと、ヴィエルホワイトのようにデリケートゾーンに使用するアイテムはネット購入するほうが人目を気にせずに済みます。

これらを考慮すると、ヴィエルホワイトが今後店舗を構えるかいずこかで店頭販売される可能性は低いと言わざるをえません。

ヴィエルホワイトはドラッグストアなどで市販されていない

ヴィエルホワイトのみを販売する店舗はなくとも例えば大きなドラッグストアであれば取り扱っているケースもあるのでは、という考えは見事に打ちくだかれました。ヴィエルホワイトは例え大手でもドラッグストアや薬局などでは取り扱いがないのです。

というよりも、ヴィエルホワイトは市販されていないというのが正しいです。

購入ルートがあるという意味ではヴィエルホワイトは市販されていますが、どこかの店頭で販売されている状態を市販とするならばヴィエルホワイトは市販されていません。

足を運んだドラッグストアのデリケートゾーン用の石鹸が何種類か並んでいる棚にヴィエルホワイトはもちろんのこと類似品は置いてありませんでした。

市販されていないのですから、当然です。仮に取り扱いがあるなら、デリケートゾーン専用のケアアイテムというカテゴリでまとめるはずで、それなのにデリケートゾーン用石鹸と同じ棚に並んでいないのはおかしな話です。

市販されていない物を取り扱うのは大手ドラッグストアでも不可能ですし、通常は取り寄せを行っているドラッグストアでも市販されていない物を取り寄せてくれることはまずありません。ここは素直にヴィエルホワイトは市販されていないという現状を受け入れるのが正解です。

ヴィエルホワイトをどこかの店舗で見かけたら購入すべきか否か

ヴィエルホワイトは市販されていないのでドラッグストアでも薬局でもドンキでもロフトでも売っていないわけですが。もしも、どこかの店舗で販売されているのを見かけたら、どうしますか?

せっかくのチャンスなので購入するべきでしょうか。それとも、スルーがベターでしょうか。
答えは後者。スルーです。スルーすべきです。

というのも、市販されていないのにどうやって入荷したのかという話だからです。

公式サイトに店舗一覧がないイコール公式で販売を認めている店舗がないということです。それなのに、なぜ?どうやって?と思いませんか?
公式のルートではないのですから正規品ではなく模倣品という可能性も、パッケージだけ正規品で中身は別の物という可能性もあります。そんな物をデリケートゾーンに使うべきではありません。

大前提として、ヴィエルホワイトはデリケートゾーンに使う物です。男性よりも繊細な女性の体の中でもっとも繊細と言っても過言ではない場所がデリケートゾーンなのですから、そういうデリケートゾーンをケアするためのアイテムは正規品を使用するという選択肢以外を存在させないようにしてください。

ヴィエルホワイトの公式通販を利用するのが賢い選択

ヴィエルホワイトを入手する正当なルートは、ヴィエルホワイト公式サイトを経由する公式通販です。正直に言うと、広いインターネット上では、公式サイトではないヴィエルホワイト販売サイトもなきにしもあらずです。

が、公式サイトを利用しないのはどこかの店頭で市販されていないはずのヴィエルホワイトを購入するのと同等のリスクがあります。すなわち、正規品でないかもしれないというリスクです。

そういうリスクを回避するためには、公式サイトかどうかをきちんと確認した上で公式サイトを利用して通販するのが賢い選択です。

余談になりますが、公式サイトによく似せたサイトを作ってそこから購入させるのは詐欺の常とう手段です。ヴィエルホワイトで同様の詐欺が行われたという話は聞いたことがないので大丈夫だとは思いますが油断は禁物です。

それから、ヴィエルホワイト購入の際に公式通販を利用するのが賢い選択だと説明するのには、もうひとつ理由があります。ヴィエルホワイト公式通販には流石は公式と言いたくなるような割引があるのです。こちらについては後述します。

公式ルートではない店頭やネット販売は、何の割引もない定価、定価より高い、定価より安いと見せかけて公式ほど割引されていないというような落とし穴があるため、注意が必要です。

ヴィエルホワイトの公式通販を利用するメリット

ヴィエルホワイトの公式通販を利用することで得られる割引というメリットについて説明します。まず、ヴィエルホワイトの容量は30ミリリットルで、これは約1か月分に相当する量です。

そして、ヴィエルホワイトの定価(通常価格)はいくらなのかというと、税別9,960円です。デリケートゾーンに塗布するタイプのケア用品としてはごく普通のお値段ですが、割引があるならそれに越したことはないというか大歓迎ですよね。
それでは、どれくらい割引されるのかというと、なんと51パーセントもオフされます。9,960円の51パーセントということは、具体的には、

9960×0.51=5079.6
9,960-5,079=4,881

つまり、税別4,890円になるということです。

ただし、これは定期プログラムの初回限定価格です。

定期プログラムとは4か月継続することが前提のプログラムで要は定期購入するという意味です。

もっとも、皮膚のケアは3か月は継続してみないと効果の有無がわからないと言いますから、4か月続けてみて損はありません。むしろ、定期を申し込みたくないからと通常価格で購入するほうが損です。

キャンペーン中はさらに、クレジット決済にすることでもう500円オフされ、税別4,390円になります。キャンペーン展開中なら即申し込みするとよりお得に購入できます。

なお、初回限定価格とは、初回しかこの価格にならないという意味ではありますが2回目以降が通常価格になるという意味ではなく、2回目以降の価格は5,190円引きの税別4,770円になります。

ところで、気づきましたか?2回目以降の価格である税別4,770円というのは、クレジット決済を選択せずに500円オフにならなかった価格イコール税別4,890円よりも安いということに。ということはつまり、定期プログラムに申し込みさえすればクレジット決済しなかったとしても非常にお得にヴィエルホワイトを購入できるということで、非常にお得であるため、ヴィエルホワイト購入者の96.7パーセントがこの定期プログラムを利用しているそうです。ちなみに、クレジット決済以外では、コンビニ後払いや代金引換が選べます。

ざっくりまとめると、以下の表のようになります。

購入先 取り扱いの有無 単品価格 定期購入価格 決済方法
ドラッグストア ×
ドンキ ×
公式通販 税別9.960円 最安税別4,390円 クレジット・コンビニ・代引

口コミをチェックしたところ、数か月継続利用している人が多かったので、やはり、定期プログラムを選ぶべきですね。