貴女のヴィエルホワイトの塗り方は正しいですか?

突然ですが、ヴィエルホワイトを正しく使っていますか?正しく塗れていると自信を持って言えますか?

ヴィエルホワイト初心者さんの中には正しく使えていない人もいますし、ヴィエルホワイト愛用者さんの中にも愛用しているうちに使い方が適当になってしまっている人がいます、実は。ヴィエルホワイトの口コミをチェックするとそれがわかります。時折、「ん?」と思うような間違った使い方をしていると容易に想像がつく口コミを見かけるからです。

ヴィエルホワイトは基本的には塗るだけで大丈夫なデリケートゾーンの黒ずみケアアイテムですが、復習もしくは予習を兼ねて、ヴィエルホワイトの正しい使い方及び効果的な塗り方についてお話します。

ヴィエルホワイトを1日2回塗っていますか?

超!とつけたくなるほどに基本中の基本ルール。それが「ヴィエルホワイトは1日2回塗る」です。
2回ならいつ塗ってもOKです。とはいえ、1回目のあとほんの数十分から数時間で2回目を塗るのは1回しか塗っていないようなものです。朝晩など、1回目から時間を置いて2回目を塗るようにしてください。

1回目に塗ったあとにプールや温泉に入ったので数時間しか経っていないけれどヴィエルホワイトを塗りたい、というようなケースであれば、アリです。ヴィエルホワイトは何時間か空けないと次を服用できない薬ではありませんから、ヴィエルホワイトが落ちてしまったなら、塗り直すことはアリなのです。1日に何度も塗り直す必要はないですが。
例を挙げると、

  • ヴィエルホワイトを朝晩塗る
  • ヴィエルホワイトを朝と夕方塗る
  • ヴィエルホワイトを早朝と夜に塗る
  • ヴィエルホワイトを朝と深夜に塗る
  • ヴィエルホワイトを早朝と深夜に塗る
  • ヴィエルホワイトを朝塗ってプールに入ったので昼に塗り直して夜も塗った

上記のように、朝晩というスタイルから多少はずれていても問題はありません。ただし、1日1回しか塗らないと効果が出にくいです。1日2回を徹底することが黒ずみ改善への近道です。

ヴィエルホワイトを月1本使い切っていますか?

コストパフォーマンスが良いことを俗にコスパが良いと言います。コスパが良いとは費用対効果のことで、費用の割に効果が良いことを意味しています。が、プチプラなのに大容量な物もコスパが良いと表現されることがままあります。

30ミリリットルのヴィエルホワイトを月初から朝晩2回使って月末に残量をチェックしたら半分も残っていた。だからヴィエルホワイトはコスパが良い。とはなりませんし、してはいけません。

ヴィエルホワイトは1か月で1本使い切ってください。1か月あたり1本使うのが目安量です。この目安を下まわって1か月に1本使い切らずに余らせてしまうと、効果が得にくくなります。

いつから使い始めたか記録しておくことをオススメします。そうすることで、10日で約1/3、もう10日でさらに約1/3、さらに10日で残りの1/3といった具合に目安量をきちんと使えているかチェックしやすくなります。

月末になってからあわてて使い切ろうとするのではなく、10日ごとに1/3程度の量を使う計画を立てると上手く使い切れるはずです。なお、月末になってから使い切るためにバシャバシャ使うのでは、計画的に使うのとくらべると効果は得にくいです。

ヴィエルホワイトを1プッシュしか使わないのは間違い

ヴィエルホワイトにおけるよくある間違い。それは、ヴィエルホワイト1回の使用量です。
ヴィエルホワイトは1回につき1プッシュが用量ではありません。2~3プッシュが用量です。
間違えて覚えてしまっているのか、説明をよく読んでいないのか、1回につき1プッシュだと思っている人は一定数います。1回につき1プッシュでは、朝晩2回使ったとしても月末には余っているはずで、目安量を使い切れません。

2プッシュ使うか3プッシュ使うか悩んだら、まず2プッシュ使ってみてはどうでしょうか。あるいは、時間のない朝は2プッシュ、比較的時間のある夜は3プッシュと回数を変えても良いでしょう。朝晩共に1プッシュでなければ、ましてや、朝か晩に1プッシュだけささっと塗っておしまいにしてしまわなければ、OKです。
もっとも、寝坊して時間がない朝に2プッシュ絶対に使えとは言いません。どうしても時間がない時など、塗らないよりは1プッシュだけでも塗っておいたほうが良いです。

ヴィエルホワイトで黒ずみケアをすることに限った話ではないのですけれども、美白というケアはとにかくコツコツ一定期間続けないと結果が出ないという、気長さが求められるケアです。第一にコツコツ続け、第二に途中で投げ出さないようにたまの手抜きには目をつぶることも大切です。たまに手を抜くくらい、途中で投げ出してしまうことにくらべたら全然まったく問題ない!と断言できます。

ヴィエルホワイトは1プッシュ塗るごとに乾かす

ヴィエルホワイトを1プッシュしか使わないのは用量が足りていないのでNGです。が、1プッシュずつ出すのはOKです。むしろ、1プッシュずつ出すことを推奨します。

くわしく説明しましょう。用量が2~3プッシュなので、1プッシュ+1プッシュと2回、もしくは、1プッシュ+1プッシュ+1プッシュと3回手の平に出したくなりますが、2プッシュなり3プッシュなりを1度に塗ると乾くまでに少し時間がかかります。それよりは、1プッシュ出して塗り、乾かし、もう1プッシュ出してまた乾かすほうが乾きやすくて効率が良いです。

1プッシュずつ出すこともポイントではあるのですが、どちらかというと、乾かすことがポイントです。乾かすために、というか、乾きやすくするために1プッシュずつ塗るというわけです。

なぜ乾かすのかというと、いくらベタつきの少ないジェルとはいえ用量を守って塗ろうとすると塗った直後はかなりしっとりしています。その状態でショーツを履くと、ショーツにくっついてしまいますし、何より、蒸れてしまうことが懸念されます。蒸れることでかゆみが生じ、万が一かきむしるようなことがあるとそれがまた黒ずみを引き起こしますので、可能な限り乾かして蒸れることを回避してください。

もっとも、乾かすといってもデリケートゾーンの表皮が乾燥するのを待つということではなく、浸透を待つということです。リポソーム化によって浸透しやすくなっているヴィエルホワイトは少し待てば表面のペタペタした感じが落ち着きますので、そういう状態になるまでのほんの少しの辛抱です。

ヴィエルホワイトはゴシゴシ塗り込まないこと

ヴィエルホワイトの効果を得るためには用法用量を守ることが重要です。1日2回塗ること、月1本使い切ること、デリケートゾーンに使用する場合は1回につき2~3プッシュ使うことが用法用量を守ることとなります。用法用量を守らないことは当然NG!ですが、もっとNGなことがあります。

ヴィエルホワイトを使用する上でもっともNGなのは、ヴィエルホワイトを塗り込むことです。塗り込んだほうが効きそうなイメージがあるかもしれません。確かに、軟膏のような薬の中には患部にゴシゴシ塗り込むことで患部の症状を鎮めたり治りを早くしたりする物があります。が、しかし、ヴィエルホワイトは医薬部外品でも薬ではありませんし、デリケートゾーンというとてもとても皮膚の薄い場所ですのでゴシゴシと塗り込むことで摩擦が起きかねませんので、NG中のNGです。

恐る恐る塗る必要はないものの、摩擦が起きないような塗り方をしましょう。摩擦は黒ずみの原因であるメラニン色素の生産に繋がる刺激です。黒ずみを改善しようとしているのに黒ずみを引き起こしては本末転倒。ソフトに、優しく塗ってください。

ヴィエルホワイトを塗り忘れたらどうすればいいのか

ここからは応用です。ここまでの基本さえ押さえておけば充分ヴィエルホワイトの使い方をマスターできますが、応用的な事柄も知っておくと便利です。例えば、ヴィエルホワイトを塗り忘れてしまったらどうすればいいと思いますか?

朝でも晩でも、1日2回のうちのどちらかを塗り忘れてしまったとします。朝塗り忘れてしまったなら、夜に多めに塗ります。夜塗り忘れたなら翌朝に多めに。
といっても、ヴィエルホワイトは塗れば塗るほど黒ずみが消えていく魔法の薬ではありませんから、何プッシュも何プッシュも塗らなくて大丈夫です。ヴィエルホワイトの用量は2~3プッシュなので、4プッシュほど塗りましょう。

朝晩2プッシュずつ塗っていて朝塗り忘れたから夜は4プッシュ塗ることにする。朝晩3プッシュずつ塗っていて朝塗り忘れたから夜6プッシュ塗ることにする。どちらも問題はありません。まあ、後者は1プッシュ塗るごとに乾かすとなると地味に時間がかかってしまいますが…自分が塗りやすい範囲で多めに塗るという心構えでいれば良いということです。

ヴィエルホワイトは朝2プッシュ夜3プッシュ

さて、実はここまで意図的にヴィエルホワイトの用量を「2~3プッシュ」と説明してきました。この「用量2~3プッシュ」について、じゃあ2プッシュにしようと思うか、よし3プッシュにしようと思うかは人それぞれです。2プッシュなら朝晩2プッシュずつ、3プッシュなら朝晩3プッシュずつ使おうとすることでしょう。それはそれでOKです。が、

朝→2プッシュ
夜→3プッシュ

朝と晩でプッシュ数を変えてもまったく問題ありません。問題ないどころかこのギリギリまで寝ていたい朝は2プッシュで手早くケアし、時間に余裕のある夜に3プッシュで丁寧にケアするということです。夜は疲れているから一刻も早く寝たいということでしたら、朝3プッシュ夜2プッシュに。

ところで、2プッシュよりも3プッシュのほうが効果が出やすいのかというと、一概にそうだとは言えません。黒ずみの度合いによるからです。繰り返しになりますが塗れば塗るほど効果が出るわけではありませんので、自分が使いやすくて続けやすいプッシュ数を使うようにしましょう。

上手に使ったほうがヴィエルホワイトの効果を得やすい

ヴィエルホワイトは塗るだけでいいデリケートゾーンの黒ずみケアアイテムです。その割に、やれ1プッシュ塗るごとに乾かせだの、やれゴシゴシ塗り込むななど、ごちゃごちゃと言ってしまったかもですね。

何かを、小難しいことを何も考えることなく使えるのは、時に魅力的です。しかしながら、目的や目標があるならば単に使うのではなく上手に使ったほうが、使いこなしたほうが、目的や目標とする事柄に近づけます。
それと、説明するとなるとどうしても長くなるだけで、実践してみると意外に簡単です。ですから、

  1. 1日2回
  2. 1回につき2~3プッシュを
  3. 1プッシュずつ優しく塗って
  4. 1プッシュ塗るごとに乾かし
  5. 1か月で1本使い切るようにする

という一連の流れを、まず1度だけでも実際にやってみてください。